トピック‎ > ‎

[0010] 公開講座「三池炭鉱が世界遺産になるって、ホント?!」開催のお知らせ

2012/01/31 21:56 に マヌシステム管理 が投稿   [ 2012/01/31 21:57 に更新しました ]

 九州各地に残る製鉄所跡や炭鉱跡などの産業遺産を「日本の近代化の発祥の地」として、ユネスコの世界遺産に登録しようという動きが活発化しています。そこで、三池炭鉱などの遺産群の価値と活用の可能性を探る公開講座が開催されます。→詳しくはこちら

公開講座「三池炭鉱が世界遺産になるって、ホント?!」

【日時】平成18年12月9日(土)午後1時30分より
【会場】熊本県・荒尾総合文化センター 小ホール
【講師】東川隆太郎(NPO法人かごしま探検の会)
    宗田好史(京都府立大学環境デザイン学科助教授)
    加藤康子(都市経済評論家)
    三浦卓也(マヌ都市建築研究所)
【主催】NPO法人 大牟田・荒尾 炭鉱のまちファンクラブ
【後援】熊本県教育委員会、熊本県玉名地域振興局、荒尾市、
    荒尾市教育委員会、福岡県教育委員会、大牟田市
    大牟田市教育委員会